建築設備3次元CAD『Rebro(レブロ)』を習得するまで

『思い浮かんだのは図面ではなく模型だった』 一歩深く一歩先を見据えた設備BIM・設計・施工CADお伝えしたい機能がたくさんあります。

プロフィール 

kaznee

Author:kaznee
所在地:大阪市中央区
勤務先:レブロネクスト

設備BIMモデル作成,空調衛生設計図・施工図を作成しています。
多種のCADを使ってきましたが、現在はRebroが1番という結論に達しました。

2008年よりRebro導入。
多くの方にRebroの優れたBIM機能と施工図作成の時間短縮が可能なることを
知っていただきたいとRebro紹介ブログを2009.3より書いています。

CADメーカー在籍の経験を活かし、Rebro導入相談及びRebroの実践運用研修を行っています。

レブロネクストホームページ・ブログ 

建築設備専用CAD『Rebro(レブロ)』の販売・図面作成・オリジナルスキルアップCAD研修を行なっています。 申し込みはホームページ内、お問合せからお願いします。

logo2.jpg

ブログ用290x65

ブログに対するご意見・ご感想受付 

お名前とメールアドレスを入力してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

※すぐにお返事できない場合があります。ご了承ください。

導入時のキー操作ポイント 

キーに設定されているサブコマンド機能の一覧です。

複数指定に慣れよう~練習問題~ 

Rebroは削除・移動などの汎用機能だけでなく、 専用機能にも複数指定が可能になっています。

このサイトでのCAD用語 


要素---------線、文字、配管、ダクト、寸法など
有意点-------端点、中点、交点、線上点などの
          座標点
グループ------複数の要素をグループにしたもの。
単体---------グループ内の1要素
レイヤー------画層
部材---------継手・配管・ダクト・弁類・ダンパー
記号---------単線で表現する水栓・ダンパー
エンティティ---1単位として扱われるデータの
          まとまり。
パラメ-タ- --- 数値入力することによって、部材
          を作成・変形させる機能
メジャー------有意点からの相対座標移動
          させる機能
ハンドル------要素を指定した段階で、5色の
          マークでコマンド起動状態にする機能。   
3D ---------3次元(立体)で作成されているデータ
          どの角度の断面を切っても表示される。
CG----------コンピュータ・グラフィックスの略
          動画像のように表示しシュミレーション
          できる。
ビュー------- 立体を見ている窓のこと。
          AUTOCADでいう3Dビューのこと。
           真上から見た場合、平面ビューという。
          正面から見た場合、正面ビューという。 
アランドビュー---指定範囲の周辺を指定する視点で
         別ウインドウで表示する機能 
プロパティ-----要素の情報表示。変更することも可能
レイアウト-------ビューを配置(割り付け)してる状態また配置すること
Rebroはすべてのシートでレイアウトすることができます。
IFC---------3次元建物モデルデータの標準規格 簡単に言えば、意匠も構造も属性をもった3次元データとして 読込み・書出しが可能になるコンバータファイルのこと 

RSSリンクの表示 

随時ユーザー会を開催中です 

 
最新記事 

 

第9回メルマガ発行しました 

台風16号が上陸し、各地で被害が出ているようですが、
みなさんの住まいや現場は大丈夫でしたでしょうか?
まだ、台風の卵があるそうなのでしばらくは注意が必要だと言ってましたね

毎月20日にメルマガを発行しています。
9月20日号を発行しました。

・近況報告
・Rebro情報や気になった記事
・Rebroの目からウロコの機能
・レブロネクストのスケジュール
とてもライトのメルマガです。

CGで干渉箇所を見つけたら?  の機能紹介しています。
20160920画像113618

当分、ブログをマメに更新することはできそうにないので、よく、リピートしてくださっていた方や
Rebroの操作の知識を深めたい方などは、ご登録いただけたらと思います。

メルマガの登録はホームページにてご登録をお願いします。

バックナンバーに2016.8号を掲載しました。



001.gif

Rebroでの設備BIMモデルの作成・施工図作成 及び、設備知識を活かし導入の相談・販売・実務研修を行っています。 

ご相談・問い合わせは下記バナーよりご連絡ください

logo2.jpg

Rebro2016の新機能はメーカーサイトで紹介しています。

建築設備専用CAD『Rebro(レブロ)』は株式会社NYKシステムズの商品です

関連記事
スポンサーサイト
2016/09/21 06:21|イベント・お知らせTB:0CM:0
 

第8回 ユーザー会in有明 2016.10.27を開催します 

2016年10月27日木曜日に東京・有明 TFTホールにて開催される、
アーキフューチャーに数人のRebroユーザーが参加するので、今年も、Rebroユーザー会を開催します。

ユーザー会と言っても、とてもリラックスしたオフ会のようなユーザー会ですが、
パソコン持って、Rebroを広げて。。。と雑談ではなく、やはりRebroユーザー会なんです。
年々盛り上がってきていまして、昨年はRebro2016の新機能発表のフォーラムにギリギリになり、
申し込みしていたのに人が溢れていて、立ち見になりました。
今年はフォーラムがあるのかはまだ発表されていませんが、展示出店は決定しています。

時間は連絡しあって、2人・3人・4人と参加したセミナーが終わったら参加する。。。という感じなので
セミナーの参加を優先にスケジュールを立てていただけます。

面識があるだけで商談などの連絡もしやすくなりますので、Rebroユーザーとの交流を考えている方は
名刺交換だけでも可能ですので、ご連絡ください。

ArchiFuture2016のサイト

昨年のユーザー会の様子です。
2015102302_1部
第7回 Rebroユーザー会in有明2015.10.23

参加ご希望申し込み・問い合わせは下記バナーよりご連絡ください

logo2.jpg
または、
06-6202-6080

株式会社レブロネクスト 西田 までご連絡ください
001.gif

Rebroでの設備BIMモデルの作成・施工図作成 及び、設備知識を活かし導入の相談・販売・実務研修を行っています。 

ご相談・問い合わせは下記バナーよりご連絡ください

logo2.jpg

Rebro2016の新機能はメーカーサイトで紹介しています。

建築設備専用CAD『Rebro(レブロ)』は株式会社NYKシステムズの商品です

関連記事
2016/09/08 11:13|ユーザー会TB:0CM:1
 
お知らせ 

◆建築設備専用CAD『Rebro(レブロ)』は
株式会社NYKシステムズの商品です。

Rebroの動画がYouTubeでご覧になれます。

このサイについて 

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

RebroってどういうCAD?

Rebroの使い方が知りたい

他社CADとの比較を知りたい

などきっかけはいろいろだと思います。


2009年3月よりブログを開設してきましたが、

記事の蓄積は自信になり、皆様からいただく拍手・コメントはとても勇気を頂いてきました。

しかし、毎年バージョンを行われRebroユーザーも増えてきましたが、

仕様の変わったものの更新が間に合わず、今後ご迷惑をかけることもでてきます。

そこで、このブログの記事は最新記事3ヶ月の期間限定とさせていただいています。

過去の記事も精査しUPすることもありますことをご理解いただけますようお願いします。

このサイトはユーザー個人の使用環境・使用方法で作成しておりますので、お試しされた際に、期待する効果が得られない場合がありましても、一切その責任を負いませんのでご了承の上、ご利用ください。


参考になった記事があれば【拍手】を押していただけると大変励みになります。

全記事一覧・ユーザータグ一覧 

ピンスポットで記事を調べしやすいように キーワードを設定しています。

全記事一覧,全タグ一覧へ

【例】基本操作他社比較などのCAD全体を捉えた記事一覧やカテゴリーをより細かく設定したルート選択・色などのキーワードから記事を検索することができます。

ブログ内検索 

カスタム検索

web検索 

カスタム検索

カテゴリ 

RSSリンクの表示 

月別アーカイブ 

最新コメント 

役に立つサイト 

建築設備の技術者支援サイト建築設備フォーラム
設備CADの情報をいち早く建築設備CADの情報
ExcelテンプレートがいっぱいEcelテンプレート

ブログ翻訳 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード

Copyright(C) 2006 建築設備3次元CAD『Rebro(レブロ)』を習得するまで All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.